転職するなら保育園がおすすめ

子どもにとって幼少期に体験する出来事はその後の人間形成に大きな影響を与えます。



そして保育園の役割は子どもの健全な成長を促し人間力を高めていくことにあるといっても過言ではありません。



そのなかで保育士は子どもと10時間近くもの時間を共にし良い保育を提供していくことになります。

子どもたちにとって保育園で過ごすことや保育士と触れ合う時間というのは人と人が触れ合う大切な時間として認識していきます。

保育園を第二の家として健やかに過ごしていってもらうことがとても大切であるというわけです。
また保育士のみならず看護師や調理師、地域ボランティアなど様々な大人のあたたかいまなざしは子どもたちにとっては安心感をおぼえるものです。


そのなかでも保育士は子どもに最も近い存在として重要な役割を担わなければなりません。

保育園に転職すると登園準備や戸外での遊び、昼食や歯磨き、お昼寝、おやつや工作など仕事内容はたくさんあります。

T-SITE

またこれら以外にも保育中の記録や翌日の準備など1日はあっという間に過ぎていきます。

それでもこれら一つ一つが子どもの成長を促すためにとても大切なものとなります。
転職してしばらくは体力的にも精神的にもとても大変な時間が続くと思いますが、身近で子どもの成長を見ることができるのはなによりも楽しみなことです。

保育士が活躍するフィードルは多々ありますが保育園に転職することで保育士としても成長することができる職場であるといえます。